健康診断結果を見ない中年男

ブログ

先日アルバイト先で一年に一度の健康診断がありました。

学生の頃は健康体であることを確信していて健康診断になんの恐怖も感じていませんでしたが自分くらいの年令になると体のどこかしらにガタがきているためどうしても一抹の不安がよぎります。

自分のアルバイト先は女性パートがかなり多いのですが自分と同じ、あるいはそれ以上の高齢者も珍しくないので健康診断で引っ掛かり要精密検査となる方もチラホラいらっしゃいます。

実をいうと私いーすとも過去に2回健康診断に引っ掛かったことがあります。

一回目は2013年の健康診断で。

健康診断結果が自分のトレーの中に入っていたのですが、いつもの健康診断書とは別にもう一枚親展の冊子がついていました。

なんだろうなーと思いつつ診断書を開いてみるといきなり飛び込んでくる総合判定「G」の文字。

総合判定「G」は要精密検査を表します。

一瞬何が起こったのかわからず結果をよく見てみると「右肺尖 結節影」が原因とわかりさらに驚愕。

健康診断で何か問題があった場合には通常の他にもう一枚冊子が付いてくるようになっていたのです。

書かれている意味は分かりませんでしたが肺ガンの可能性があることくらいは無知な自分でもわかったためアルバイト先の更衣室でしばらく茫然自失になっていました。

ネットで調べると誤診の可能性も多々あるとはいえやはり肺ガンの可能性は否めまないことがわかりました。

さすがに無視するわけにはいかずに後日病院へ。

CT検査を受けさせてもらいました。

しかしパニック障害の自分には心の負荷が激しすぎたようで、凄まじい動悸とパニックに襲われ取り乱してしまいお医者様をたいそう困惑させてしまいました。

一週間後結果を聞きに行ってもらったのは精神安定剤のたぐいの薬。

とりあえず大丈夫だったみたいなんですがじゃあ一体レントゲンに何が写ったのかは不明のままです。

翌年の健康診断では「右上肺野 硬化影」と書かれていました。つまりはたまたまレントゲンに写りこんだものではなく何かが確実にあるということなんでしょうか… 検査結果「C」で要精密検査「G」ではなくなったのは救いですね。

この一件が自分の健康診断に対する不安感を強烈に植え付けたのでした。

二回目は2018年。

このころには健康診断書とは別に生活習慣に関する冊子もついてくるため健康診断に引っ掛かった人は異常を知らせる冊子と合わせて計三枚の冊子を受け取ることになります。

そして自分の手元に三枚の冊子

5年前の悪夢がよみがえり家に持ち帰ってもどうしても開封する気になれません。

冊子を部屋の片隅に追いやって嫌なことを見ないようにしてしまったのでした。

そして健康診断の事を忘れて3か月。

上司から言われた言葉に驚きます。

「健康診断の結果について話をしに来る人がいるから面談して」

真っ先に思いついたのは自分は重篤な結果だったがその後の経過はどうなっているのかを聞きに来たのではないかということでした。

すぐにでも通院が必要なレベルだったのにまだ普通に勤務しているのでわざわざ事情聴取にきたということならつじつまが合います。

本心では気が気ではありませんでしたが冷静をよそおって働きます。

こんな時は体を動かしていたほうが嫌なことを考えなくてすみます。

数時間後面談の時がきて恐る恐る話を聞いてみると…

何のことはなくコレステロール値が高く今回健康診断に引っ掛かったので同じような人達と一緒に生活習慣を改めるプログラムに挑戦してみませんか、ということでした。

他に特筆すべき所見はなかったことを聞きここ3か月の不安が一気に晴れましたがそれと同時にさらに健康診断結果への恐怖は深くなりました。

2019年。つまりこのブログを書いている時点では去年の話なのですが健康診断の結果は見ていません。冊子は二枚なので大丈夫なはずなのですが怖くて見れていません。

何か悪いところがあるなら早く治療にかかった方がいい
遅いと治るのに時間がかかるし最悪の場合死ぬこともあるかもしれない。

それは頭ではわかっているのですが弱い自分の心は一時的な安定を求めてしまうのです。

ちなみに要精密検査になっても病院に行かない人は割といるらしいですね。
自分の知人にもずっと放置している人がいます。

まぁ、精密検査の結果が怖いなんて理由で病院に行かない人は自分くらいかもしれませんが…

そんな情けない自分にできる精一杯のことは健康診断の日に合わせて適度な運動をし栄養バランスを意識した食生活を送ること。

アルバイトでは結構体を使うので過度の運動はしませんでしたが不健康なジャンクフードはこの一ヶ月極力避けサラダ類の摂取を心掛けました。

普段生活習慣なんて歯牙にもかけない自分としては万全の状態で健康診断に臨めたと思います。

後は結果を見る勇気を持てればパーフェクトなんですが…こればかりは気合でなんとかするしかないですね(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました